本文へスキップ

東京都町田市。小田急線町田駅から徒歩10分。腱鞘炎、足首の痛み、パニック障害なども得意です。

営業時間10時~21時(日曜定休)

完全予約制 祝日も営業

足裏の痛みの原因と施術方法

当院は最先端の自然療法フィシオエナジェティックを取り入れた高度な整体で足裏の痛みを検査・施術しています

高齢者に多い以下の症状は当院では良くなりません

  • 砂利の上を歩いている感じ
  • グミを踏んで歩いている感じ
  • 歩くと足裏がムニュムニュとする感じ
  • 足の裏に何かが貼りついている感じ
  • 足の裏に皮がもう1枚かぶさった感じ
  • 足の裏の皮が厚い感じ
  • 足裏が凍っている感じ
  • 綿を踏んで歩いている感じ

上記のような症状がある方は、糖尿病性神経障害などが疑われますので神経内科がある病院に相談してください。その他、糖尿病や腎臓病などの持病がある人、高齢者で足首の変形が著しい人、高齢者で足首の手術をした人は、私が施術しても良くならない可能性が高いです。

当院の検査・施術でこのように変わりました

男性のプロのダンサーで、足の裏の親指の付け根や内側アーチに痛みがある症例です。がっちりテーピングすると少し痛みが減るので、ダンスの時はそうしていたそうです。以下の様な原因を見つけたので施術したら痛みは無くなりました。

(1)親指付け根(中足骨遠位)の下方へのずれ
(2)回外足(踵骨の内方へのずれ)
(3)距骨の前方変位
(4)中足骨近位の上方へのずれ
(5)脛骨の後方へのずれ
(6)脛骨神経の圧迫

足裏の痛みの検査の仕方

足裏の痛みの原因を調べる場合は、フィシオエナジェティックの検査法でくるぶしや足裏の痛みの反応を引き出し、そこから根本原因と解決策を探ってゆきます。また弱化した足首の筋肉があれば、それが足首の不安定性や歪みの原因となるので、アプライドキネシオロジーの筋肉テストをして弱化した筋肉をチェックします。そして足首の筋肉の弱化の原因と解決策をフィシオエナジェティックの検査法で探ってゆきます。特によくある原因は、後脛骨筋の弱化による回内足や偏平足、筋肉の過緊張による脛骨神経の圧迫などです。

足裏の痛みの最大の原因は、足首の筋肉の弱化が発端となって足底アーチに問題が生じる事です。

足首の筋肉が弱化すると足首が不安定になったり歪んだりします。また弱化の代償として他の筋肉が過緊張になったりします。なので、足首の筋肉の弱化をチェックし、その原因を調べて対処する事で足底アーチの問題がなくなります。なお、弱化した筋肉は筋トレしても強くなりません。弱化した筋肉を強くするために、矯正、内臓の調整、サプリメント、心理セラピー、経絡治療、電磁波対策など様々なセラピーの中から本当に必要なものを見つけます。

↓リーキーガット症候群によって下肢の筋肉が弱化している症例です。弱化した筋肉を強くするために腸粘膜を修復する効果のあるLグルタミンが必要でした。

足裏が痛い人によく見つかる問題

足底アーチの問題

↓偏平足は、足裏の土踏まず付近や踵の痛みと関係している場合が多いです。

↓ハイアーチの人は、つま先立ちをした時に、足裏の指の付け根付近が痛くなるケースが多いです。足の甲の痛みともよく関係しています。

↓横アーチの低下は爪先立ちをした時に、足裏の指の付け根付近が痛くなるケースが多いです。外反母趾の痛みとも関係している事が非常に多いです。

回内足


↑右足の回内 

回内足では、踵の内側に荷重がかかり、図のように足首が内側に傾きます。偏平足の原因にもなります。 回内足の場合、踵骨(かかとの骨)の矯正が必要かもしれません。舟状骨(土踏まずの骨)の矯正も行う時があります。


↑回内足の矯正

着地の衝撃

長時間立ちっぱなしでいたり、歩き過ぎたりすると痛みがでる場合は、着地の衝撃で足首の筋肉が弱化する現象が関係しているかもしれません。テストでは患者の足底に衝撃を加えると筋肉が弱化します。

↓この患者の場合、胃酸分泌不足のためビタミンB12が吸収されず不足していたのが原因でした。そして胃の反射点とビタミンB12のサプリメントですぐに強くなりました。

病院で「踵骨棘」と診断されても、それが痛みの原因ではありません。

特に40代~50代に多く、朝起きて最初の数歩が特に痛みが激しいのが特徴です。病院のレントゲン検査では踵骨棘という変形が見つかる事もありますが、踵骨棘は痛みの原因ではありません。実際には偏平足や踵骨という踵(かかと)の骨のズレが原因になっている事が多いです。
 ←矢印が踵骨棘
写真は井口傑著「足のクリニック」より

アーチをサポートするインソールは逆効果です

足裏の症状で病院に行くと、「偏平足」と言われ、アーチサポートのインソールを勧められる事があります。しかし実際は、アーチサポートのインソールを使うと、症状が悪化する事があります。

足底アーチが低下する時は、図のような連動性があります。
(1)後足部の回内(踵の内側に荷重がかかる)
(2)下腿の内旋(すねの骨が内側に回旋する)
(3)前足部と中足部の回外

アーチサポートのインソールでは、土踏まずにパッドを当てる事により、上記③の「前足部と中足部の回外」をさらに増強させる事になります。ですから、足底アーチにパッドを当ててアーチを押し上げようとすると、逆に足底アーチは崩れるのです。

インソールは、足本来の仕事ができる環境を整える事が最も重要で、足の「形(見た目)」を作るのではなく、「動き」を作るものでなくてはなりません。そのような条件を満たしたインソールとして、私がお勧めするのは、「スーパーフィート」というインソールです。私も使用しています。

ブログの記事は「いいね」を押してフェイスブックで読むと便利です。

症例動画集
ビフォー・アフターを多数公開

かわせカイロプラクティックビルダークリニック

〒194-0022
東京都町田市森野2-7-9
町田第3ビル501
営業時間:10時~21時
完全予約制 日曜定休


Today:  Yesterday: