本文へスキップ

東京都町田市。小田急線町田駅から徒歩10分。腱鞘炎、足首の痛み、パニック障害なども得意です。

営業時間10時~21時(日曜定休)

完全予約制 祝日も営業

腱鞘炎・ドケルバン氏病の原因と施術方法

当院は最先端の自然療法フィシオエナジェティックを取り入れた高度な整体で腱鞘炎・ドケルバン氏病の痛みを検査・施術しています

腱鞘炎・ドケルバン氏病の痛みであっても体全体を診て施術します。また、筋肉や関節だけでなく、人間の心と体を総合的に検査・施術して腱鞘炎・ドケルバン氏病の痛みを取り除きます。

↓当院独自の腱鞘炎の検査と施術の雰囲気がなんとなくわかる動画です。

手首の痛みであっても手首に対する直接的な施術は一切行わない場合もあります

腱鞘炎の原因を調べる場合は、まずフィシオエナジェティックの検査法で腱鞘炎の反応を引き出し、そこから根本原因と解決策を探ってゆきます。すると、腱鞘炎は単に手首の問題ではなく、胃腸の問題や感情の問題などもかなり関係しています。

手首を酷使するような事はしていないのに何故か痛くなった人は、内蔵・食事・毒素・アレルギー・精神的問題・電磁波・チャクラなど患部以外の問題が大きい傾向があります。私の臨床経験では、この中でも特に食道裂孔ヘルニアやリーキーガット症候群などの胃腸の問題と精神的ストレスが関係している事が多いです。

「転んで手をついた時から痛くなった」など、痛めたきっかけがはっきりわかっている人は、手から腕にかけての筋・筋膜・靭帯・関節などの問題が大きい傾向があります。

当院の検査・施術でこのように変わりました

特に手を着く時と、指を広げると痛い腱鞘炎の症例

この患者さんの場合、施術後には痛みがすっかり無くなりました。この患者さんの場合、横隔膜の施術、腕・肩の筋肉の調整、手の矯正が効果ありました。

特に指を広げる時に痛いMP関節症の症例

私にとってはとても簡単でしたが、整形外科を受診された時は「治らない」と宣告されたそうです。1回で痛みが完全に無くなったので、「治らないと言われたのに何で???」と驚かれていました。手の矯正を1箇所やったのと、横隔膜の反射点を2分間ほど刺激しただけで、このとおり完全に痛みが無くなりました。

手を振ると痛い腱鞘炎の症例

手をダランとさせて振ると親指の付け根が痛む腱鞘炎の症例です。
他の治療院に10回通ってだいぶ痛みが取れたけど、どうしても、あとちょっとの痛みが取れないという患者さんでした。当院で施術後は、このとおり痛みが完全に無くなりました。この患者さんの場合、手の矯正や腕の筋肉の調整などいろいろやりましたが、特にメンタルセラピーが効果がありました。

親指を反らせる時と手をつく時に痛い腱鞘炎の症例

手の矯正と、肩から腕にかけての筋肉の調整と、メンタルセラピーでここまで良くなりました。他の整体や整形外科で効果がなかったので、「ここまで良くなるとは思っていなかった」という感想を頂きました。

親指が小指のほうへ曲がらない腱鞘炎の症例

痛みはないのですが、親指の可動域制限が強くあります。施術後はこのとおり、しっかり親指が曲がるようになりました。特に、肩甲骨の筋肉の調整が効果ありました。

典型的なドケルバン腱鞘炎の症例

ドケルバン腱鞘炎を調べるフィンケルシュタインテストで陽性の患者さんの症例です。

1回目の施術後は、フィンケルシュタインテストの痛みは10段階評価で10だった痛みが6へ減少、手をつく時の痛みは4へ減少しました。3回目の施術後は、フィンケルシュタインテストの痛みは7、手をつくときの痛みは0.5(ほとんど無くなりました)。4回目の施術後は、フィンケルシュタインテストの痛みも完全に無くなりました。ドケルバン腱鞘炎で痛みが激しい場合、だいたいこんな感じで3~5回で良くなる人が多いです。

この患者さんの症状には、横隔膜の問題、腸粘膜の問題、肩や腕の筋肉の緊張、手の歪みなどが関係していました。それから、3回目の施術後かなり痛くなったそうです。それについて調べてみると心理的逆転が生じていました。心理的逆転とは、「治したい」という気持ちあるのに、潜在意識では「治したくない」という状態になっていて、治る力に自らブレーキをかけている状態で、割りと多くの患者さんにあります。(だいたい30%くらいでしょうか)

心理的逆転があると、もう少しで良くなるというところまで治療をすると、患者が痛みのある状態に戻そうとする反応がでて、施術によって悪化したように感じる事があります。なので4回目の時に、まず心理的逆転についてセラピーしてから施術を始めると良くなりました。

腱鞘炎・ドケルバン病の特徴

親指を動かすと、↓この赤いマルの辺りが痛い場合、ド・ケルバン氏病という腱鞘炎の一種かもしれません。CM関節症でもだいたいこのあたりが痛くなります。MP関節症の場合は、黄色いマルのあたりが痛くなります。

でも実際には、親指の付け根だけでなく、前腕の↓このような部分まで痛む人が多いです。(上腕や肩まで痛い人も多い)

↓ドケルバン腱鞘炎の場合は、このように、親指を中に入れて手首を小指側に曲げると痛みが出ます。(フィンケルシュタインテスト)

↓その他、このように親指を開くと痛むケースの場合や、、、

↓このように手をついた時に痛い場合や、、、

↓手を付いたときの痛みが取れても、親指を浮かすと痛い場合などがあります。

この他、ドアノブを回すような動作や、皿を持ったり、包丁を握った時に痛むという人もたくさんいます。また、「親指が開かない」「親指が小指の付け根まで曲げられない」、「手を振ると痛む」「親指を弾くと痛む」「手首をひねると痛む」などの症状があります。

安静、痛み止め、患部周辺ばっかりの治療
そんな普通の治療で治ると思いますか?

整形外科では安静にするように言われ、痛み止めの薬や、手首のサポーターで動かさないように固定したりするようです。1~2ヶ月安静にして良くなっても、また使い始めれば戻ります。ただ安静にするだけの治療では本当に良くなりません。

整体や鍼灸院では患部周辺をマッサージしたり、鍼を打ったりする位で、そんな治療ではなかなか良くなりません。

ご注意

腱鞘炎の患者さんを多く見てきましたが、手が腫れている人や動かすと痛いというより関節が固まって動かない人には全く効果ありませんでした。

ブログの記事は「いいね」を押してフェイスブックで読むと便利です。

症例動画集
ビフォー・アフターを多数公開

かわせカイロプラクティックビルダークリニック

〒194-0022
東京都町田市森野2-7-9
町田第3ビル501
営業時間:10時~21時
完全予約制 日曜定休


Today:  Yesterday: